金魚のセカンドハウス

アクセスカウンタ

zoom RSS 小石川植物園・柴田記念館

<<   作成日時 : 2008/01/21 22:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 8



先週の週末 割合近場の 小石川植物園 に散歩がてら行ってきました  
空は冬ばれの真っ青な快晴  だったのですが 北風が冷たかったです
以前にミモザさんもブログに書かれていた 「柴田記念館」 がちょっと素敵でしたので
何枚か 写真でご紹介しますね


ミモザさんのーぶらり関東の旅12−小石川植物園(建物)ーをクリックしてくださいね


画像



柴田記念館は 植物園の南東の奥まった一角・・・ 
樹木に隠れるような ちょっと目立たない 可愛い一軒屋です
建物の入り口のまえには 寒椿の赤い花が満開に彩っていました


画像



中は 割合 こじんまりした一室・・・一人女性がぽつんと椅子に坐っていました 
コーナーには植物の精密な写生画や 珍しい植物の種などが並んでいます

植物学って 植物を精密に写生することから始まるのかな?
細かい線と色づけが 美術学校のようです 



画像


画像


画像




入るときに 「いらっしゃいませ」 と声をかけてくれた女性に 
出て行くときも 又 「ありがとうございました」 と声をかけられました

見学は無料だったのですが(無料だったので覗いたのですか・・笑)
丁寧な対応に ちょっと面映い思いですね  
さすが 東大  (笑)



画像




柴田記念館をでて直ぐのところに たわわに実った柑橘類の木・・・
冬の柔らかい日を浴びて 輝いていました (美味しそう〜〜〜〜笑 )


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「仕事のやりがい」と「会社の待遇」、どちらを選びますか?
能力主義希望 過去最低の基準 財団法人社会経済生産性本部が昨年 12月、2006年春に入社した新入社員を 対象にまとめた調査によると、 「能力主義的な給与体系を希望する」 と答えた人は62%と1991年の調査以来、 過去最低の水準となった。多数を占める ものの、95年の結果に比べると15% 低下している。 この調査でも若手社員の安定志向は 鮮明。「条件の良い会社があれば、 さっさと移るほうが得」と答えた人は 37%とこちらも過去最低の水準。 最高値は99年の53%だった。... ...続きを見る
転職の方法
2008/01/21 23:51

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
あ、ボタニカルアート!大好き。
この植物画のディスプレイやサンプルを置いてある感じの雰囲気いいな〜。
植物画って、むかーしむかし、薬草なんかをちゃんと見分けるためにチャンッと細かく描いて図譜にしたのが始まりなんですよ。でもその絵があまりにも素晴らしいので、芸術になっちゃった。
色々な薔薇の種類が描かれたやつとか、シダ類、昆虫や鳥の絵がついてるのもあって、たのしいんですよ〜。
でも写真のかわりに素晴らしい絵がたくさん描かれている図譜なんて、やっぱり資料というよりお宝だな〜。
りんこ
2008/01/22 02:54
おはよう御座います〜♪
柴田記念館の中には入りたかったのですが、友人との待ち合わせ
時間が気になり外観にしたのが悔やまれます。
写真をすべて拡大してみました。
中に入ってじっくり見たかったです(特にボタニカルアート)
冬の暖かな日差しの中での散策はいいですね。
ミモザブログをPRして下さって有難う御座います。
良い1日をお過ごしくださいね(^_-)-☆
ミモザ
2008/01/22 07:22
ハイ、りんこさん、こんにちは。

そうなんだね。薬草を見分けるために精密に写生したんだね。(この植物園、江戸時代の赤ひげ先生の養生所跡、なんだよ。)
日本画、ぽいよね。細かくって精密、ての、割合好きだな。(人間が細かい性格だから?笑)

シダ類、っていえば、柴田博士、ってシダ類の研究者だったらしいよ。記念館の前にシダ類の温室がありました。
この前のりんこさんの「バオバブの木」、、の画集を思い出したよ。ちょっと相通じるもの、ない?(笑)
金魚
2008/01/22 11:38
ハイ、ミモザさん、こんにちは。

柴田記念館、可愛らしい建物でしたね。
中は木の温もりのする洋室で、ストーブの上にヤカンが乗っかって湯気が心地よい感じでしたよ。
窓際にボタニカルアートの画集や珍しい植物の種、などが机にならんで・・。
ユックリしました。^_^
金魚
2008/01/22 11:43
まるで春のよう。(笑)
当地のいまとは考えられない世界です。
今時の東京はいいですね。夏の暑さはちょっと遠慮ですけれど。

ボタニカルアート,僕も興味あります。見るのも描くのも。
老後の趣味として勉強してみたい。
あっ、もう老後か。(笑)
pianist3chan
2008/01/22 22:13
Sさん、こんにちは。

奥多摩に川合玉堂の玉堂美術館がありますが、
そこに鳥や草花の下絵、デッサンが多く展示されていました。
日本画も修行は緻密な観察力なんですね。
植物学の画集を見て、川合玉堂の下絵を思いだしましたよ。^_^
金魚
2008/01/23 15:12
可愛らしい建物ですね。
通りがかったら絶対入りたくなりますね。
植物の絵って言うと思い出すんです…。
受験のための細密画のデッサンを必死にやっていた頃。苦手だったので、どうやったらこういう風に描けるんだろうと他人事のようでした。
なので、どうやっても先生のお手本とは程遠いモノでした(トホホ…)
みかん系の実がなるって、やはり東京は暖かいんですね。
choco banana
2008/01/24 11:27
choco bananaさん、こんばんは。

そうそう、この建物がまた可愛いんですよ。
緑に囲まれてちょっと素敵かなー?

葉っぱの茎や葉脈を丹念に描いて、もう美術絵画ですね。
本来が学術書なんでしょうけど・・・。
余程、根気がないと駄目ですねー。
僕は鑑賞のほうに回ります。(笑)
金魚
2008/01/24 22:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
小石川植物園・柴田記念館 金魚のセカンドハウス/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる